不動産の売却基礎知識

不動産ブローカーが教える不動産の売却の基礎知識

不動産売却の基礎知識夫の転勤で住んでいた家を売る事になった、離婚することになった、親から相続した物件があるが誰も住む事がないので手放そうと思う。不動産を売却する経緯というのは予想もしていなかった所から急に出てくるものです。そして物件の状況によっては早急に手放さなければならない物件もあればのんびりと売却することが出来る物件とがあります。人生で何度あるか分からない不動産の売却。今回はその不動産の売却手順についてまとめていきたいと思います。

大切なのは不動産業者選びです

最も重要なのは不動産業者と担当者(営業マン)を間違いの無いように選ぶ事です。
不動産売買の業者には大手もあれば小さな街の不動産屋も存在します。業体は様々であり最も自分の物件を戦略的に熱意を持ってメリットがあるように売却をしてくれる業者と担当者を探す事が不動産売却で得をする方法と言っても過言ではありません。

売却方法には仲介と買取がある

不動産の売却方法にはおおきく分けると2つの方法があります。
それが仲介と売却です。それぞれの特性をみておきましょう。

仲介の特徴

仲介は不動産業者が間に入って一般の買い主を探す方法です。売却する際の価格は高く設定出来ますが実際に売却が完了するまでに時間がかかる場合があります。

買取の特徴

買取は仲介とは異なり、不動産業者が売り主から直接不動産を購入する方法です。売り主としては物件をすぐに換金することが出来ますが仲介と比較して売却価格は下がってしまいます。急いで換金しなければならない人には買取がオススメです。
不動産業者からすると一般の買い主様が決まっていない状況で売れるかどうか分からない物件を数百万〜数千万で買うわけなので多少リスクが生じます。その分売り主から買い取る際に相場より低い価格を提示します。その代わり即現金化することが可能になります。

不動産売却の手順とマメ知識

上手に不動産を売却するポイントは決して高い査定価格を付けてくれる業者を探す事ではありません。「不動産業者がどんな手間をかけて何をやってくれるか?」を見る事が大切です。不動産業者というのは出来るだけ手間を省きたいと思っている方が多いと認識してください。

例えば仲介において中々販売がウマく進まない物件があったばあいすぐに「売却価格をさげませんか?」と言ってくる不動産業者には注意が必要です。その場合はやるべきことをすべてやり尽くしているのか?を確認してください。

物件を販売するためにホームズなどのWeb広告はやっているのか?レインズに登録をしているのか?そういった事を確認した上で手をつくしていることを認識して売却することをオススメします。一般的に不動産業者は目先の利益を優先します。したがって高く売る事よりも早く売ってお金に変えることを常に考えています。

まとめ

人生で何度あるか分からない不動産の売却。信頼出来る不動産業者を探す為にはどのような手法で売却をする事を考えているのか?どのような戦略を持っているのか?をしっかり確認しておくことが大切です。

人気記事