不動産の売却基礎知識

不動産売却のプロが教える売却種類・一般媒介について

不動産売却の一般売却
不動産を売却する場合、不動産会社に買い主を探してもらう為には「媒介契約」を結ばなければなりません。媒介契約には3つの種類があります。一般媒介、選任媒介、専属専任媒介です。
媒介の手法に関してはメリットとデメリットがありますので物件の条件に応じて使い分けることが大切です。それでは今回は三種類の媒介の一つである一般媒介について説明したいとおもいます。

媒介契約とは?

媒介契約とは不動産売買におい売り主と仲介業者である不動産業者(宅地建物取引業者)と
が結ぶ契約の事とを言います。結ぶ契約の内容は以下のような項目が定められています。
<媒介契約の内容>
・媒介契約の有効期間
・販売価格
・売買手数料
・その他売り主が希望する条件
売り主から依頼を受けた不動産業者は上記のような媒介契約を締結し販売活動をスタートさせます。

一般媒介

一般媒介の場合売り主は複数の不動産業者と売買契約を結ぶ事ができます。その結果、売り場面積が増える為買い主が探しやすくなりますし自らで買い主を探すことも許されています。しかし、不動産業者は売買契約を締結後に売り主に対して進捗状況の報告が義務が無い為、実際に不動産会社が頑張って売ろうとしてくれているか?などの状況が見えなくなります。また不動産流通機構が運営するレインズに登録する義務もありません。レインズとは会員登録された不動産業者が事由に物件情報を掲載したり検索したりして物件情報を共有することが出来るシステム。

<特徴>
・売り主は複数の不動産業者と契約が可能です
・売買活動の報告義務が無い
・レインズに登録する義務がない

注意すべき一般媒介の場合の不動産業者の考え

一般媒介は複数の不動産業者が売買の手伝いが出来るようになっている為、自分(不動産業者)で積極的に広告費を使って営業をしたとしても他の不動産屋が買い手を探してしまう事があります。したがって「出来るだけ無駄なコストはかけずに買い手を探す」という思考になります。
営業する時間も広告費も出来るだけかけたくない、と考えるのが不動産屋さんの自然な考え方になりますので注意が必要です。

一般媒介メリット・デメリット まとめ

一般媒介のメリットとデメリットを簡単にまとめたいと思います。

メリット

・複数の不動産会社と媒介契約を結ぶ事が出来るので売り場の面積が増えます。ひと目に増える可能性が増えます。その結果早く売却が完了する事もあります。

デメリット

・不動産業者は販売活動の状況や進捗を報告する義務がありません。
・不動産会社からすると販売に力を入れにくい為、後回しにされる事があります。

まとめ

不動産売却における一般媒介の仕組みについてまとめてみました。
一般媒介は一見すると、いろんな不動産屋さんに売って貰えるので条件が良いように見えますが、実際には販売する側の不動産屋さんの心情も考える必要があります。その場合はあまり良い方法では無いかもしれません。このあとで説明する、専任媒介と専任専属と比較して最も良い方法を探してみてください。

人気記事