不動産の売却基礎知識

 不動産のプロが教える売却種類・専任媒介について

不動産のプロが教える物件売却方法・専任媒介
不動産を売却することに決めた場合、不動産会社に買い主を探してもらう為に、「媒介契約」を結ばなくてはなりません。媒介契約には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属・専任媒介契約」の三種類があります。今回は専任媒介契約に関する情報をまとめていきたいと思います。不動産の売却を検討される方は各、媒介契約のメリットどメリットをしっかり理解して最も適切な方法を選択されてください。

専任媒介とは

専任媒介を選択した場合、売り主は一社の不動産業者としか契約を結ぶ事が出来ません。一見すると一社の不動産屋さんしか販売出来ないのでメリットが少ないように見えるのですが、逆に不動産業者からすると自分しか販売することが出来ない分、一般媒介(複数の不動産業者と契約をする方法)のように自分が営業していた物件が他の不動産業者に取られてしまった・・・・ということは発生しません。ですので積極的に販売活動を行ってくれます。そして売り主に対して二週間に1度以上販売状況を報告する義務があります。また不動産業者は媒介契約後、不動産指定流通機構に7営業日以内に登録する義務があります。

<特徴>
・売り主は一社の不動産業者としか契約が出来ない。
・2週間に1度以上販売状況を売り主に対して報告する義務がある。
・7営業日以内に不動産指定流通機構に登録する義務があります。

専任媒介メリット・デメリットまとめ

専任媒介のメリット、デメリットを見てみたいと思います。

メリット

・一社の取扱になる為、不動産業者は真剣に物件の販売に力を入れます。
・不動産指定流通機構に登録することが義務となる為、物件情報が拡散します
・2週間に一度販売状況が報告されます。
・窓口が一つの為、複数の不動産会社に販売状況の確認をする必要がありません。

デメリット

・窓口が一つになる為、物件を販売出来る営業所は少なくなります。
・信頼出来る不動産業者を探さないと失敗することがあります。

専任媒介の契約期間は3カ月となっております。もし業者選びに失敗した場合は3ヶ月後に変更することも可能です。

まとめ

専任媒介は一般媒介契約と比較して、販売する窓口は少なくなりますが、1社の業者に絞る事で販売側の不動産会社が販売活動がしやすくなり結果的に早く買い主を探す事ができやすくなります。しかし、不動産業者選びを失敗するとナカナカ買い主を探す事が出来ないので慎重に業者選びをしなければならないことを忘れてはなりません。出来るだけ失敗の無いようにお役立てください。

人気記事