不動産の売却基礎知識

売却する家の価格設定の仕方

不動産売却の相場

事故物件を買取、若くは仲介で売却してしまう場合、気になるのは価格設定についてですよね。事故物件に限らず不動産売却の価格設定ってどうなってるんでしょうか?不動産の価格設定についてまとめていきたいと思います。

不動産の価格ってどうやって決まる?

不動産を仲介によって売却する場合、当然ですが相場よりも高すぎる価格で売出はじめている場合はなかなか買い手を探す事が出来ず売る事は困難になると思います。
ひとそれぞれ価値観が違う為、高めの売り出し価格でも購入を検討する人もいますが、結局はその方も「この物件の相場は適正なのか?」について周辺の物件相場などを比較されますのでよっぽどその物件に買い手が特別な理由がなければ売却は難しいかと思います。

物件への思い入れなどもあるかと思いますが、高すぎる価格設定の場合は売る事が困難になる為、価格設定は信頼出来る不動産業者と話し合い、周辺の価格相場を基準に適正な価格を設定することをオススメいたします。

安くしてもすぐ売れない??

すぐに売りたい、処分したい、そう思われている方の場合、売却価格は多少安くても良いと思われる方もいらっしゃいます。
その場合注意しなければならないのは、相場より異常に安い物件は敬遠されるということです。安すぎる為、買い手側は「事故物件じゃないかな?」「物件周辺に何か問題あるんじゃないかな?」ということを考えます。したがって価格相場については地元の不動産業者が言う物件周辺の適正な価格相場でスタートする事をおすすめします。

また、どうしても早急に売ってお金に変えたいという方は買取依頼をすることをオススメします。
買取の場合は不動産業者が適正な価格で買い取ってくれます。デメリットは仲介で売却する適正相場よりも低い価格での取引になるので、それでも早く売却してお金に変えたい場合は買取が良いでしょう。

まとめ

不動産の売却を依頼する場合は、一つの不動産業者の話しを聞くのではなく、複数の不動産業者の話しを聞いてみて最も信頼出来る業者に対して媒介契約(不動産売却の仲介をしてもらう契約)を結ぶ事をおすすめいたします。

人気記事