不動産の売却基礎知識

仲介手数料とは

仲介手数料
不動産売却を検討されていて不動産屋さんに相談した場合、仲介手数料がかかると言われるかと思います。家を売却する場合、不動産業者はあなたの変わりに買い主を探します。その為にいろいろな販売活動を行ってくれます。結果、不動産の売却が完了した時にその手間賃が発生するわけです。それが仲介手数料です。ところでそんな仲介手数料がどのようにして決まっているか?ご存知でしょうか。

仲介手数料の計算方法

仲介手数料は法律で上限が定められておりそれを超えない範囲で不動産業者が自由に決める事が出来ます。その上限いっぱいで決められるのが一般的です。以下は売買のケースです。(売買価格に消費税は含みません)

・売買価格200万以下の場合〜売買価格に対して仲介手数料上限5.4%
・売買価格200万以上〜400万以下 売買価格に対して仲介手数料上限4.32%
・400万超える場合〜仲売買価格に対して仲介手数料上限3.24%

(例えば)
売買価格3000万円の場合 3000万円×3,24%=972,000円
3000万の物件を売却する場合には100万円の仲介手数料が必要になるわけです。

仲介手数料は安くなるのか?

上限いっぱいが当たり前だった仲介手数料も今では価格競争がおきています。しかし、大切なことは仲介手数料が安いかどうかよりも不動産を売却する際にきちんと丁寧な仕事をしてくれる、信頼が出来る業者、営業マンを探す事が大切なポイントです。

まとめ

仲介手数料についてまとめてみました。売却をするときは信頼出来る不動産業者を探す事が大切です。

人気記事