不動産の売却基礎知識

不動産の買取とは

不動産の買取とは

どうしても今保有している不動産を急遽手放したい、この記事を読んで頂いている方はそんな方が多いのではないでしょうか。転勤や失業、住んでいた方が孤独死により早急に物件をお金にかえてしまいたい。理由は様々かと思いますが早急に不動産をお金にかえたい場合は買取という手法が最適です。それでは買取とはどういう仕組みなのか見ていきたいと思います。

不動産の買取とは

買取と言われるとブランド品、宝石、自動車などのイメージが強いかと思いますが不動産にも買取という仕組みがあるんです。一般的には不動産の売却を行う場合、不動産業者は「仲介」を採用している事が多いかと思います。しかし、早急に不動産をお金に替えたいという場合には買取を選択することで直接不動産業者が買取をしてくれるので早急に換金することが可能になります。

買取のメリット

不動産を早急に売却しないといけない場合にも買取という制度を知っている方は少ないと思います。ここでは買取におけるメリットについて説明いたします。

短期間での売却が可能です

買取は仲介の売却と比較して短期間で売却を完了させる事が可能になるます。仲介の場合は不動産業者が売り主に代わり買い主を探す事になりますので数ヶ月の時間がかかってしまいますが、買取の場合は当日、または数日で売却を完了させ現金を得る事が可能になります。

他人に知られる事が無く手放せる

不動産を売却する理由は様々かと思います。中には人には知られたくないような事もあるかと思います。そんな時、買取の場合には一切の広告をせず不動産業者が直接買取をおこないますので、誰にも知られずに不動産を手放す事が可能になります。

明確な資金計画

仲介の場合はいつ不動産が売れるか分からない為、いつ現金が手に入るかどうか明確に分かることは難しくなります。不動産の買い替えなどを検討している場合にはどうしても現金が必要になるかと思います。買取の場合はすぐに現金化することが出来るので明確な資金計画を立てる事ができます。

仲介手数料をカットすることができます

通常不動産業者が仲介によって売り主に代わって買い主を探す場合には仲介手数料が必要になります。例えば3000万の物件の仲介を行う場合、手数料はざっくりと100万円程度かかってきます。しかし、買取には仲介手数料が変わりません。

買取のデメリットとは

買取にはデメリットも存在しています。ここでは買取のデメリットを見ていきたいとおもいます。

仲介よりも売却価格が落ちます

一般的に不動産業者が買取をする場合、不動産業者は在庫を抱えるリスクを背負うわけです。したがって、不動産業者が買い取って、再度販売をする場合に確実に利益を出せる価格で仕入れ(買取)をしておかなければなりません。または、リフォームをすることで再販をイメージしている場合はそのリフォーム代金を差し引いいて買取をしていくことになります。

買取の相場は仲介にくらべてどれくらいおちる?

一般的には買取の相場は仲介で売却する場合の60%程度だと認識しておくべきです。3000万の物件であれば1800万程度での買取になります。ですが、多少環境面、物件面でプラス要素が多い(駅近、築浅、タワーマンション)などは多少強気で交渉しても良いかと思います。

買取にかかる費用

買取を依頼する場合には以下のような費用がかかります。
・収入印紙代  15000円
・抵当権抹消登録費用15,0000円
・譲渡所得税   0円
・合計      165,000円

仲介を利用して売却する場合よりも小さな費用で処分することが出来ます。

まとめ

不動産の買取についての仕組みとメリット、デメリットをまとめてみました。売却をするに是非参考にされてください。事故物件買取の110番では常に事故物件の買取を行っております。

人気記事