事故物件について

事故物件ってなに?仲介手数料無料の事故物件買取専門サイト

家_s

この記事をご覧になっていらっしゃる方は少なくとも事故物件について気になっておられる方が多いかと思います。
身内の方に不幸があり所有している物件が事故物件になってしまい売却を検討している。
若しくは、売りに出ている事故物件を購入しようか迷っている。
そんな方の為に情報を分かりやすくまとめてみました。

事故物件の種類

一言に事故物件と言っても、いろいろな種類が存在します。
ここでは事故物件の種類について確認をしてみたいと思います。

事故物件

・過去に「自殺・殺人」などがあった物件
・過去に自然死、孤独死があった物件
・過去に「事件や事故による死亡」などがあった物件
・過去に「事件・事故・火災」等があった物件
・周辺に「指定暴力団等の事務所」があり危険な物件
・物件そのモノに雨漏りなど物理的に問題のある物件

上記のような物件は事故物件として告知義務が定められております。
また、事故物件は物理的瑕疵物件と心理的瑕疵物件と2つに分ける事が出来ます。

物理的瑕疵物件

例えば屋根が古くなってしまい雨漏りがしてしまう。
家の基礎部分をシロアリに侵食されてしまっている。
このように不動産そのものに何らか問題がある状態のことも事故物件、すなわち物理的瑕疵物件と定められています。
物理的瑕疵物件は不動産物件そのものに何らかのがある状態ですから、その他土壌に問題があるなど一般的な健全な物件とは異なる問題がある状態をすべてこのようにい定めています。

心理的瑕疵物件

心理的瑕疵物件とはわかりやすく説明すると、「不動産の目に見えない不具合」とご理解頂けると良いと思います。
過去にその物件で自殺、殺人、孤独死、自然死、事件、火災などが発生し、心理的に不具合がある物件とご理解ください。
このような物件の場合、賃貸であれば通常の相場よりもはるかに低価格での家賃設定がされています。
売買の場合、買取に応じてくれる不動産業者は少なく、売買が成立した場合でも相場よりもはるかに低価格な買取結果になることがほとんどです。

事故物件は低価格でしか売れないの?

事故物件は通常の相場よりも当然安く取引がされてしまいます。
しかし、売れない事はありません。
売却される際は通常の不動産業者ではなく、事故物件専門の買取業者へ査定を依頼することをオススメいたします。
事故物件専門の買取業者の場合、通常の不動産業者と違い、その後のリフォームなども視野に入れた不動産価値での買取が可能です。
すなわち、通常よりも高い価格での買取が可能ですので慌てずに、専門業者に査定を依頼しましょう。

人気記事