事故物件について

知らなきゃ損する事故物件・孤独死物件の売却方法について

5da70698841ce5218106161218102383_s
事故物件、孤独死物件を持ってしまい、その後の仕様用途を考えると売却するのが一番だと思った方。
むやみに処分を考える前に知識をつける事で有利に物件を処分することが可能です。
そんな方の為に売却する際の注意点についてまとめてみました。
参考にしてください。

通常の不動産売却

不動産の売却は地元の不動産店、大手の不動産店などに持ちかけると、仲介業務や買取業務を主として取り扱ってくれる、ということは皆さんご存じだと思います。

売却依頼後の対応

不動産店の担当者は物件所在地・築年数・間取り・売却時期等をヒアリングします。
希望価格と今後のスケジュールを決めていくというのが一般的な流れです。

売却依頼をしたときの注意点

仲介する場合に専属や専属選任という任せ方があります。
専属選任とは簡単に言えば不動産店の担当者は、手数料を確保したいが為にその不動産を自社が唯一の取扱店として欲しいと思っています。
そして不動産業者は出来るだけ選任専属を希望します・

なぜ不動産会社は専属専任を希望するのか?

一般的に不動産仲介を依頼する場合、同じ物件を他の不動産業者も取扱することができます。
仕入れ元の不動産業者以外が売買を成立させた場合、仕入れ元に入ってくる手数料は少なくなってしまします。
仕入れ元の不動産業者がそのまま売買を成立させた場合は多く手数料が入ります。
したがって出来るだけ専属選任で取扱して他の不動産業者には売れないようにして多くの手数料が入る仕組みを作りたいと思うのが当然です。
開口一番、「自社を唯一の取扱店として欲しい」という事をすぐに言う担当者は少しでも高く・早く不動産の売却を考えていると思うでしょうか?
地場や大手を問わず、不動産店の担当者の能力はピンキリです。
電話などでファーストコンタクトを取った担当者の善し悪しで、大切な不動産の行く末を任せてしまって良いでしょうか?

事故、孤独死物件を売却する場合

上記から特に事故・孤独死物件の対応となると、担当者の能力や力量(ピンキリの)に依存します。
通常の不動産売却だけをしている不動産業者のノウハウでは事故物件、孤独死物件、訳あり物件の売却がウマく行かない事は容易に想像できます。
責任所在の分からない下記サイトを面白半分でみている・本気で信じているような不動産店や担当者に本当に当事者になってしまった関係者の気持ちがわかるのでしょうか?
全国の事故物件ブログ

じゃあ事故物件・孤独死物件・訳あり物件はどう売却したらいいの?

ではどう売却、処分すのが良いのかというと。

1,事故物件専門業者

今までに数多く事故物件、孤独死、訳あり物件の買取、売却仲介を経験している専門業者に依頼する。

2,トラブルの少ない業者に依頼する

トラブルの少ない専門的な不動産店に依頼する事をオススメします。
インターネットの普及した時代にこそ、求められるニーズに合致したノウハウを蓄積する不動産店を探すことをお勧めしたいです。

まとめ

事故物件、孤独死、訳あり物件を売却する場合、注意しなけらばならないのは経験の浅い不動産業者に任せない事。
専門の業者に任せる事をオススメいたします。
当サイト事故物件買取の110番は事故物件を専門に全国の不動産業者と提携し買取査定を行っております。
お気軽にお問い合わせください。

人気記事