事故物件について

元不動産営業マンが教える事故物件売却時の仲介と買取の違い

c21746be4b3bcfb39397e902a124e840_s
この記事をご覧の方は事故物件、孤独死物件の売却を検討されている、訳あり物件を早く手放したい、そう思われている方が多いのではないでしょうか。
事故物件に限らず、物件を売却する方法は「仲介」と「買取」の2つの方法があります。
不動産売却時の仲介と買取にはそれぞれメリットとデメリットが存在します。
今回は事故物件を売却するのは仲介と買取、はたしてどちらの方が良いのか?まとめてみたいと思います。

不動産の仲介とは

不動産売却の方法の一つが仲介です。
仲介は不動産業者が間に入って一般の買い主を探す方法です。

仲介のメリット〜高く売れる

不動産を売却する際に仲介を利用するメリットは売却価格が高くなる可能性があります。
買取に比べると価格を落とさずに売却する事ができます。

なぜ仲介は価格を落とさなくても良いのか?

一般の買い主さんを探す事が出来るので、「その不動産が欲しい!」というニーズが噛みあう人を探す事が出来れば無駄に値下げする必要が無いわけです。

仲介のデメリット

不動産売却時の仲介のデメリットは、「長期戦になり、なかなか売れない事もある」ということです。
したがって「すぐに売却してお金が必要である」、という方にとっては不向きです。

事故物件の売却の仲介は良い?悪い?

次に事故物件、孤独死物件の場合にあてはめて考えたいとおもいます。
事故物件の場合、仲介はメリットがあるのか?というと。
事故物件の場合は長期戦になっても良い、と判断される方は仲介を選んでも良いと思います。
なぜならば、不動産の営業は利益主義の会社がほとんどです。せっかく来客された見込み客にわざわざ心理的瑕疵の告知が必要な事故物件を提案するでしょうか?
そんな物件よりも先に不動産業者にとっても見込み客にとっても条件の良い物件を提案して短期間で契約をしてもらう事を考えるのが普通です。
つまり、事故物件を仲介業者に売却してもらうと決めた場合、長期戦になることを覚悟しなければなりません。

どうしても事故物件を仲介に依頼したいなら

どうしても事故物件、孤独死物件などの訳あり物件を仲介に依頼したい場合は、大手の不動業者は避けて小さな不動産屋に依頼をしましょう。
大手の不動産業者になればなるほど会社の仕組み上、目先の営業成績が必要です。
営業マンはお客様の利益よりも上司からの評価ばかりを気にします。
その結果大手の不動産業者の営業マンは売りやすい物件から手をつけます。
逆に中小の不動産業者の場合、ノルマなどに追われている事が少なく、早期売却で売り主から信用してもらい感謝してもらう事を意識しています。

不動産の買取とは

不動産売却のもう一つの方法が買取です。
買取は仲介とは異なり、不動産業者が売り主から直接不動産を購入する方法です。
不動産業者からすると一般の買い主様が決まっていない状況で売れるかどうか分からない物件を数千万で買うわけなので多少リスクが生じます。

買取のメリット〜早く売れる

不動産を売却する場合の買取のメリットは売却が早く完結し売り主様に早期にキャッシュが入る事です。
仲介に比べると一般の買い主を探す手間がなく、不動産業者がすぐに買い取ってくれるので売却がすぐに完結します。

買取のデメリット

仲介と比較すると買取の方が価格が安くなる可能性が高いです。
不動産業者は一般の買い主がついていない状態の物件を自らのキャッシュで買取るわけですから、買取後に売却が出来ないなどのりクスが生じてしまいます。
その為、相場よりも多少安く買い取っておく必要があります。したがって仲介に較べて売却価格が安くなってしまう事があります。

事故物件の売却は買取が良い?悪い?

事故物件、孤独死物件にあてはめて考えたいとおもいます。
事故物件の場合、買取はメリットがあるのか?
事故物件の場合、早期で売却したいのであれば買取をおすすめします。
仲介を選択すると売却に時間がかかり風評が広がってしまう事があり、ますます売却が難しくなってしまいます。
また、仲介の場合。特殊掃除やリフォームの費用などもかかってしまいます。
買取の場合は掃除、リフォームをしなくても買い取ってくれます。
用途として親族様が住んだりする用途が無ければ早期で買取してもらう方が良いと思います。

まとめ

仲介と買取はどんな物件を売却するかによってメリット、デメリットが変わってきます。
事故物件、孤独死物件の場合はその物件の環境などによってどちらを選ぶと良いか変わってきます。詳しくは以下をご覧ください。
相場によって仲介と買取を変える事が大切

人気記事